Just another WordPress site

未分類

酉の市というお祝いについて

酉の市というお祝いがあります。これは例年11月の酉の日に行われるお祭りのことです。酉の日というのは、12日おきにやってくるため、11月の酉の日は2回の時と3回の時があります。一の酉、二の酉、三の酉と呼んでいます。
酉の市で知られる寺社は関東に多く、著名な寺社では、縁起物である熊手を売る露店が立ち並びます。商売繁盛や招福をこめて、福をかき集める意味から熊手が縁起物とされています。
酉の市とは、農作物"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

酉の市の風習について

酉の市とは、例年11月の酉の日に行われる祭りのことをいいます。酉の祭、大酉祭などとも呼ばれます。
元々は、関東地方にある鷲神社や酉の寺、大鳥神社などの鷲や鳥にちなんだ寺や神社の年間行事でしたが、現在では関西地方の大鳥大社や稲園山七寺などの関東地方以外でも開催されています。
毎日に十干十二支を当てて定める日付け法のため、11月の酉の日は12日ごとに巡ってくるため、3度行われる場合もあり、その時は「一"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

酉の市の祭礼の辛いところ

酉の市とは11月の酉の日に鷲(おおとり)明神(大鳥明神と表記する場合もあります)で行われる祭礼のことです。
酉の市という呼び方以外にも酉の祭(とりのまち)やお酉様(おとりさま)、大酉祭(おおとりまつり)と呼ばれている地域もあります。
鷲明神は古くから客商売の開運をつかさどるとされている神社で、本社である大阪府堺市の大鳥神社や東京の鷲神社などがよく知られていますが、それ以外にも全国各地に末社がありま"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

酉の市や歴史について

酉の市は、鷲や鳥にちなんだ寺社の行事です。関東地方で多く行われてきたものですが、関東以外でも開催をされています。縁起熊手が売られています。年末に行われることが多くあります。通常は十一月の酉の日に行われます。江戸時代には、大鷲神社が大変栄えました。このときの収穫祭が、発祥とされています。江戸の時代から続いている酉の市もあります。最も有名なものは、浅草の酉の市です。賑わいは日本一といわれています。近年

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

酉の市で熊手が売られている理由とは

酉の市というのは、11月の酉の日に行われる祭のことをいい、酉の祭、大酉祭、お酉様とも呼ばれています。この酉の市は、鷲や鳥などにちなんだ寺社で開催されており、昔は関東地方のみの祭とされていましたが、近年では関西でも多く開催されています。祭の中にある露店では、手締めをして熊手を売るところが多く、これらは縁起物として扱われています。この熊手には、稲穂や札などが装飾されており、福を掃きこむ、かきこむという

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新